「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:アレックスのこと( 3 )

頭が小さいので、

宇宙飛行士ミタイニナッチャッタヨ~
f0196131_16372019.jpg

f0196131_16381355.jpg









↓もしよろしければ、ポチっと…ありがとうございます!emoticon-0157-sun.gif
広島ブログ


「イタリアンレストラン アレックス」のHPは⇒コチラ
[PR]

by ristorante_alex | 2009-08-01 16:41 | アレックスのこと

シマッチョリーノのこと。

f0196131_20555636.jpg

アレックスのお店が鷹野橋にあったとき、
店長を務めてくれたSさん。
アレックスから色んなあだ名をつけられた挙句、
最終的に”シマッチョリーノ”に落ち着きました。

アレックスは、このSさんのことが大好きなんです。
そのうえ、Sさんはお客様の間でも大変な人気者でした。
鷹野橋のときのお客様が緑井のお店にいらっしゃると、
未だに「あのヒトはどこ?」と尋ねられるほど。

Sさんといえば、なんと言っても
その温かな笑顔と、デザインカプチーノ!
私のデザインカプチーノの師匠でもあります。

Sさんが鷹野橋で作っていたデザインカプチーノをお見せしましょう↓
f0196131_2124487.jpg

こんなにステキなデザインカプチーノを作って、
いつもたくさんのお客様を喜ばせていました。


Sさんは今、呉市焼山の閑静な住宅街にある
「きままなターシャ」さんというCafe'にお勤めしています。

一年中美しく咲き続けるローズガーデンを眺めながら、
老舗珈琲豆店ニシナ屋さんの美味しいコーヒーをいただいて
ホッとできるお店です。

ドライブがてら、ぜひ一度いらしてみてはいかがでしょうか?emoticon-0162-coffee.gif

※現在「きままなターシャ」さんでデザインカプチーノをされているか
 どうかは不明ですが、美味しいコーヒーがいただけることだけは
 間違いないです♪

f0196131_2135394.jpg


[PR]

by ristorante_alex | 2009-07-23 21:46 | アレックスのこと

宮島へ行ってきました。

f0196131_21394784.jpg


明日11月6日、アレックスは結婚一周年を迎えます。
よくこの一年、無事に過ごしましたね。 パチパチパチ!!

それで昨日は、お祝いで宮島に行ってきました。
二人で行く、はじめての宮島。
嬉し・痛し・可笑しのハプニングが待ち受けていました。

朝、快晴。天からのプレゼントだと感じました。
妻、珍しく朝ちゃんと起きられました。
お二人さんご機嫌で、出発進行!

宮島口に到着。フェリー乗り場へと歩みを運ぶうち、
妻、左足下にムニュっと異物感が…
ちょっと足を引きずればとれそうな感じ?否、とれない。
下を見下ろして妻が「あ!」、夫も「え?」。
二人同時に見下ろして、おでこゴッチン☆

妻の3年ぶりに陽の目を見たトレッキングシューズの
靴底が見事に半分ズレてます。
足をひねったら、いとも簡単にパックリとれました。

すぐさま靴底を拾い上げ、両手に抱えて
「どうしよー?はずかしー!はずかしー!」と叫ぶ夫。
後ろで、知らない奥様が笑ってます。
2分後、右足も同じようにパックリ。

多少の困難は乗り越えるよう、たくましく育てられた妻。
靴底が外れたくらいでは、めげません。
迷わずフェリーに乗船。

宮島に到着すると、まず厳島神社にお参りしました。
すると、ちょうど婚礼の儀が始まるところでした!
絵巻物のような壮麗な儀式を間近で拝見できて、
これも思いがけない天からのプレゼント。
幸せのおすそ分けをいただきました。

神社の中で小銭がなくなるまで何か所もお参りした後、
いざ外へ出ようとしたところ、背の高さギリギリの梁に気付かず
またもや夫が、おでこゴッチン☆
(日頃ノ行イガ…?)
よく見ると、おでこの丁度てっぺんがすりむけています。

Poverino. (ポベリーノ)
かわいそうねー

さぁ、気を取り直して、今度は弥山(みせん)へ

Andiamo!(アンディアーモ)
レッツ・ゴー!


憧れの老舗旅館 岩惣さんの前から出発する
無料送迎バスに乗って、ロープウェイ乗り場へ。
瀬戸の多島美と、赤黄橙に紅葉しはじめた秋の表情を
存分に堪能しながら、新しくなったロープウェイでのしばしの空中散歩。

ロープウェイを降りると、山頂まで1kmは自力で登らなければなりません。
ハイヒールで小さなお子さんを連れた奥様も頑張っています。
私たちも、がんばらないとね。

Forza!(フォルツァ)
がんばれー


山頂では、少し霞んでいるけれど、水平線まで広がる瀬戸の島々と
黄金色の千鳥たちが待ち受けてくれていました。

f0196131_22553322.jpg


山頂で、くたくたのよれよれになった夫に
妻から、かき氷の贈呈。(山頂ロッジにて)
冷たくて甘ーい氷で脳ミソもお目めもパッチリになった夫は、
帰りは歩いて降りることを決意。

山頂を出たのが3時半。
妻、2回足をすべらせ尻モチつきながらも、
約2時間後、再びもみじ谷の岩惣さんのところへ戻りました。
辺りはすでに真っ暗●
秋の日は、釣瓶落し ですね。

帰りのフェリーでは、二人仲良く
「楽しかったね?」 「うん、楽しかったね!」と
本当に佳き一日になりました。

あらためて、
支えてくださる皆様へ感謝の気持ちでいっぱいです。
[PR]

by ristorante_alex | 2008-11-05 23:47 | アレックスのこと